Categories

2017.
4 / 07

[ お知らせ ]

新刊のご案内『M I A K I 三秋ホールの風景と建築』

三秋ホール1
出校も済み、これから最終チェックです。三秋ホールの用途は特に定まっていない。がらんどうの部屋と広縁があるだけである。畳はないけれど、本源的な意味で日本建築の質を備えていると思う。」本文より抜粋
この度、『MIAKI 三秋ホールの風景と建築』という本を4月28日に出版することになりました.こうした一軒の建物に関する本を作るのは初めての体験ですので緊張しています。完成してみると、この建物は用途が漠然としている分、建築の本質について問うた仕事になっているのではないかと思っています。
写真は西川公朗さん、本のデザインは石曽根昭仁さん、編集は富井雄太郎さんにお願いしました。またこの建物のオープニング講演会時の神家昭雄さんと建主の西下健治さんとの鼎談も収録しています。穏やかな雰囲気の中にも、良い話がちりばめられています。AMAZONなどのネット販売では既に予約が始まっているようです。ぜひお買い求めください。
『MIAKI 三秋ホールの風景と建築』(AMAZON)
 著者 手嶋保
 判型・頁数 A5判・40頁
 定価 1,500円(税込)
 ISBN 978-4-99054366-2
 発行 共栄木材
 発売 millegraph


IMG_7741

戻る

近年の仕事

アーカイブ