poetaster-blog
手島保の仕事 インデックスページに戻る

茅ヶ崎の家/House in Chigasaki

back to works index page茅ヶ崎の家/House in Chigasaki
手嶋保の仕事 インデックスページに戻る/back to works index page

茅ヶ崎は海に近いせいか、一年を通じて光が美しい。
まずこの光を取り入れることを考えた。
さらに室内での移動で必要な運動ができるよう、行き止まりのない動線とした。
南面にアルコーブを設け、この上部の屋根面にトップライトを設え、東西に長い狭小な敷地にあって必要な採光を確保する。
このアルコーブの下には施主のコレクションをしつらえる。

また直射日光は苛烈に過ぎるため、反射板を兼ねたルーバーを設けている。直射日光はこれによって反射し、拡散する。
また夜には照明の反射板をも兼ねる。昼夜、優しい光に満たされた室内になった。
住宅の前庭は浜辺の景色を意識したグラスガーデンとし、プライバシーは適度に確保しつつ、暮らしぶりが道行く人々に見えるようになっている。
これからのシニア住宅の一つの在り方を提示している。